ネイリスト検定3級を受けてきました

おしゃれに関心があり、以前からネイルが大好きだったのですが、サロンでネイルをしてもらううちに「自分でも資格を取得したい」という思いがわいてきました。

 

そこで、週に2回ほどスクールに通うことにしたのです。

 

サロンではモデルさんを相手に、練習を積み重ねてきました。

 

ネイリスト検定では、実技に加えて学科試験もあるので、そちらの方は、おうちに帰ってから過去問をひたすらやりました。

 

ネイリスト検定の当日はすごく緊張してしまい、キューティクルの周りを整えるときに手が震えてしまいました。

 

会場の雰囲気や試験官がじーっと慎重にみている姿に圧倒されてしまうんです。

 

練習の時の出来栄えよりは、数段劣った感じになってしまいました。

 

やはり、試験会場には魔物がすんでします。

 

しかも、すごく焦ってしまい、終了五分前に完成したのですが、なんとか合格を勝ち取ることができました。

 

筆記は、過去問をたくさんやったので、満点に近かったように思います。

 

ネイリスト検定は検定の前日からケアして、ネイルを塗り当日は塗ったネイルをオフすることから始まります。

 

つまり、前日から試験が始まっているようなものです。

 

また、ネイリスト検定は自分の技術もさることながら、起用するモデルさんの手やつめの状態にも左右されるところがあるので、試験当日にお願いするモデルさんを探すのも大変でした。

 

でも、なんとか合格できたので、この調子で2級の取得を目指したいと思います。

ネイル資格の助成金が出ました

旦那さんのお給料が少なくなったのを機に働きに出ることにしたのですが、どうせなら「自分が好きなことを仕事にしたい」と考え、以前から興味があった「ネイル資格」を取得してネイリストとして働きたいと思いました。

 

ネイル資格は、独学でもできるのですが、専門の講師に習った方が合格率は高いと感じます。

 

しかし、スクールに通いたくても我が家に身なお金もなく困っていたところ、ハローワークの職業訓練「求職者支援制度」を利用すれば格安でネイルスクールの通うことができるのを知ったのです。

 

助成金が出るので、テキスト代のみの負担となり助かりました。

 

なんと自己負担が一万円程度です。

 

しかも、職業訓練中はお金ももらえるというおまけつきです。

 

訓練の対象となる人は、私のように離職中の社会人で失業手当の受給資格がない主婦のような人で、そのような人が助成金の対象となるんです。

 

訓練期間は3カ月で、ネイルやジェルの基礎知識から、接客のマナーやコミュニケーションまで学ぶことができます。

 

職場体験や職場見学もでき、実際に働いている方の様子が見られたのもよかったです。

 

ハローワークの職業訓練は、ネイル資格を取得したいけれど、費用の負担が気になる方にはぴったりのものです。

 

でも、どこのハローワークでもネイル養成校があるわけではないので、その点は注意が必要です。

 

ネイル養成学校に対して、こうした助成金が出ることは世間ではあまり知られていませんが、ぜひ、民間のスクールに通う前に検討すべきです。

ネイル資格とるなら安い通信講座が安心です

最近では、周囲でも美容関連の仕事を希望している人が増えてきています。
現在はメーカーの事務職として働いているのですが、近い将来はネイリストとして生計を立てたいと望んでいます。

 

そのためには、早い段階で専門的なスキルを身につけておきたいと考え、ネイルの通信講座を始めました。

 

仕事をしながら空いた時間を見つけては、爪に関する知識や基礎技術、実際のカラーやネイルアートの仕方などを学びました。
効率的に好きな時間を勉強に当てることが可能ですので、長続きしました。

 

ネイル資格を取得するためには、試験に合格しなければなりません。

 

そのため、ネイル資格に対する実績の高い通信講座を調べて選びました。

 

実際に学び始めると、新しい知識を覚えることが楽しくて仕方なく、どんどん夢中になっていきました。
経済的にも不安を感じていましたが、比較的料金の安い通信講座を探すことによって安心して高度なスキルを身につけられることができ、大満足です。

 

お手頃な料金で質の高い教育を受けることができますので、友達や同僚にも是非お勧めしたい内容となっています。

 

このように、ネイル資格をとるなら安い値段で上質な指導を受けられる通信講座や専門学校を慎重に選ぶことが大切です。

 

さらに、安いだけではなく、充実したカリキュラムで実践に役立つ教育を提供しているところは、信頼できます。

 

この通信講座を利用して本当に良かったと今では実感しています^^
これからも、夢に向かって努力を重ねていきたいです。